七条えんま堂

七条えんま堂

かつては、北向山十王堂と称していたが、現在は西京区正法寺(真言宗東寺派)七条別院となっている。
堂内に本尊として木造不動明王立像を祀り、その左右に小ぶりな木造十王坐像11体を安置している。
十王像は、構造などの違いから、鎌倉時代から室町時代に作られた複数の十王像の残存像を後世に寄せ集めたと推測される。
像高が最も大きい鎌倉時代の像(閻魔王、像高44cm、一木造り、彫眼)を筆頭に、南北朝時代の像1体(寄せ木造り、彫眼)、室町前期の像6体(寄せ木造り、彫眼・玉眼)、室町中期の像1体(寄せ木造り、彫眼)、室町後期の像2体(一木造り、彫眼)からなり、すべて中世に作られた十王像11体が伝存している点は貴重である。
当堂に伝来した宝暦3年(1753)の「十王堂記」によると寛永2年(1625)にはすでにこの地に前身となる十王堂が存在していたことが知られており、『京羽二重大全』 「閻魔王像」のページに記される「十王堂西七条村」が当堂を示す可能性がある。


京都市



駒札設置記念式典 
令和2年1月18日


たくさんの方に来て頂きました。 ありがとうございます。

地域の繁栄発展を祈念し、コミュニティーを担う拠点の
ひとつになるべく一歩一歩進んで参ります。

堂守 三谷靖法